東京都杉並区で親子間売買・個人間売買・任意売却・相続対策・借地底地などの不動産コンサルティングと付加価値のある不動産仲介を行っております。

代表畑中の専門家コラム
代表畑中がアドバイザーである住まいの窓口
代表者プロフィール
畑中 学 代表の畑中学 です。利用して価値を感じてもらえる不動産サービスをご提供いたします。
詳しくはこちら→
代表 畑中 公式ブログ

よくあるQ&A

当相談室にあったお問い合わせ事例

2015年11月1日更新

当相談室に寄せられた、もしくは、ご来室いただいたお客様からのお問い合わせについてまとめたものを公開させていただきます。

(1)コンサルティングについて

どのようなご相談でも構わないのでしょうか?
不動産に関することでしたどのようなことでも構いません。ただ弊社は債務や相続に関する事柄、不動産売買に関する事柄を専門としておりますので、それに関する事柄の方がより的確なお答えができるものと思います。
コンサルティングしてもらう際に資料が何もないのですがそれでも構わないですか?
内容によりますが構いません。一度お話をお伺いして必要となるものがあればこちらで取得するなりお客様の方で取得をお願いいたします。
※内容によってはコンサルティングの枠では収まりきれずに、調査その他の業務でお願いしていただく場合がございます。 その場合は費用はいただきません。
どこまでフォローしてもらえるものでしょうか?
内容によりますが、一回きりのコンサルティング業務で終わらないご相談内容でしたら、別途見積もりにて最後までフォローさせていただきます。

(2)不動産の購入と売却について

他社との違いは何かあるのでしょうか?
営業ではなく、コンサルティングをしながらという点に特徴があります。分かり易く言いますなら皆様に「このお客さんで決めましょう」とか「この物件を買いませんか?」と営業しません。そのため皆様の要望を聞き、その中でどうしていこうか、2人3脚で物件の売却、購入を進めて行くことができます。それだけ時間をかけてできます。また、購入に関しては、 リニュアル仲介といった リフォームしながらの仲介など付加価値をつけた仲介を行っております。是非、この機会にご活用ください。
借地権の戸建は住宅ローンが組めるのでしょうか?
全く問題がありません。借地権でも住宅ローンは組めます。但し、金利面など諸条件が付きますので、お手数ですが当相談室にご希望をお聞かせいただき、最適な金融機関をご紹介させていただきます。

(3)親子間・親族間売買について

総額でどの程度の費用がかかりますか?
同じような質問をいただく機会が多いのですが、どのような売却理由なのかによって、鑑定評価を取得するなど補足事項は異なりますし、個別にお話を聞いてみない限りは、正確にはどの程度かかるものかは明確になりませんが、普通の仲介業務よりも安くできると言えます。ご相談自体は費用がかかりませんので、ご都合がよろしければ、一度弊社までご来室いただき、お話をお聞かせください。その後、お見積りをお出しいたしますので、それにてご判断いただければと存じます。
石川県の不動産ですが貴社では取り扱えますか?
融資が必要な場合は、エリアは限られての対応となります。その場合、石川県は対象エリア外となります。悪しかわらずご了承ください。ただし、現金で売買する場合、ご自身で融資の対応をしてくれる金融機関をご用意されている場合はこの限りではありません。
メールや電話のやり取りだけで進めていただくことは可能でしょうか?
一度でもお会いさせていただき、その後であれば可能です。ただし、一度もお会い出来ない方には対応することができませんので、その点はご了承ください。
税金はどの程度見ていただけるのですか?
税務に関しては弊社では助言はできますが、最終的な確定は弊社提携税理士による確認か、所轄税務署での確認をお願いしております。

(4)相続税対策・相続対策について

相続税対策はどの程度まで行ってくれるのですか?具体的な内容はどのようなものですか?
いかに相続税を少なくするのかを目的に、提携している不動産鑑定士、税理士の諸先生方々と一緒に検討をしてプランをご提示いたします。具体的な実施も行います。遺言、不動産の組み換え、法人への譲渡、相続時課税清算制度の適用などまで行います。最初のご相談は無料で行いますが、どの程度の相続税がかかるのかは、簡易診断として有料となります。また、実施に関しても有料でしてその際はお見積りをお出しいたします。

(5)任意売却について

自宅近隣の方に知られることはありますか?
まず、ありません。ご自宅を売却することになっても、任意売却ということは分かりませんので、ご安心下さい。
連帯債務者が同意しないのですが売却は可能ですか?
連帯債務者の同意がないと売却はできません但し、ご依頼があれば弊社の方で連帯債務者にご連絡し任意売却のメリットをお話しすることは可能です。ご一報いただければと思います。
当事者が義理の父親の件なのですが私が相談をしても宜しいでしょうか?
構いませんので是非お越しいただきご相談ください。但し、詳細については資料等を拝見しないとお答えできない場合もございます。
今後も様々なご質問が出てくるものと思います。その都度、こちらに掲載させていただきます。
▲このページのトップへ