親子間/親族間売買:ローンは事前準備が肝要

カテゴリー(メイン)

ゴールデンウィークを挟んで親子間/親族間売買の

お問い合わせを数多くいただきました。

小さい弊社事務所だと対応で精いっぱいというところです。

ただ、去年も同じようなことを書いていましたので、もうちょっと

対応力を増加しなければならないところなんですよね。。。

 

さて、そのお問い合わせいただいたお客様たちと話をしてみて

分かることが1つあります。

 

それは親子間/親族間売買でのローンは、

『金融機関から一度断られたら他の支店、

どの担当者と話をしてみても結論は変わらない』

と思い込んでいることです。

 

「●●銀行の●●支店に行って話を聞いてみたところ、

『うちは親子間での不動産売買に融資は出していないんですよ』

と断られてしまって・・・」

「それは、事前とか融資の審査をされたのですか?」

「いえ、そこまではいってなくて、軽く聞いただけです」

「それなら、別の支店の担当者だと違う結論になることがありますよ」

「ええっ、そんなことあるんですか?」

「はい、お客様の条件なら、他の支店なら可能性としてはありますよ」

 

結果、昨日になってローン承諾の連絡がきたので

お客様に連絡をしたところ

「いや、本当にそんなことがあるんですね」

となりました。

これは普通にあります。

 

その理由は金融機関サイドの方にもいろいろとありますが、

こちらサイドにも原因があります。

 

その最もなのが、きちんと情報をまとめて

「この条件ですが、ローンは可能でしょうか?」

と確認をしていないこと。

皆さん、あいまいな状態で「親子間での売買ですが

ローンは可能でしょうか?」と聞くので

金融機関側も心の中では”面倒さくいな・・・”となり

「いやーうちでは取り扱わないんですよ」

となるのです。

 

ただ、親子間/親族間での売買という条件以外では

ローンが可能そう、ここまで条件を詰めておいた上で

「ローンを検討してくれますか?」と聞けば

金融機関側も”あとは親子間/親族間での売買だけを

クリアすればいいのか・・”

となれば、試してみる価値はある、となり易いのだと思います。

※私は勝手にそう思っていますが、今までの案件で裏取りして

 みるとほぼそのイメージで合っています。

 

ということで、もし金融機関に相談をするなら

そこまで準備してから確認するのがベストでしょう。

是非、参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました